2012年06月04日

和歌山紀州みなべの南高梅発祥農園の本物の梅干し★【お中元・お歳暮・贈答に】南高梅のかつお梅干し 「かつお梅1.5Kg」塩分約8%(贈り物・ギフトに最適)

和歌山紀州みなべの南高梅発祥農園の本物の梅干し★【お中元・お歳暮・贈答に】南高梅のかつお梅干し 「かつお梅1.5Kg」塩分約8%(贈り物・ギフトに最適)和歌山紀州みなべの南高梅発祥農園の本物の梅干し★【お中元・お歳暮・贈答に】南高梅のかつお梅干し 「かつお梅1.5Kg」塩分約8%(贈り物・ギフトに最適)
商品名南高梅のかつお埋干しかつお梅内容量1.5Kg商品の特徴大粒で柔らか梅干しにかつお節、白ごま、赤じそを丁寧に絡める事で、味と香りが絶妙なバランスの一味違ったかつお梅に。賞味期限(消費期限)6ヵ月保存方法直射日光を避けて常温で保存して下さい南高梅のかつお埋干し南高梅のかつお埋干しかつお梅 大粒で柔らか梅干しにかつお節、白ごま、赤じそを丁寧に絡める事で、味と香りが絶妙なバランスの一味違ったかつお梅に仕上がりました。江戸時代から梅が栽培されていた和歌山県日高郡南部川村(現みなべ町)で、明治35年、高田家の祖先である高田貞楠(たかださだくす)がとりわけ大きな果実をたわわに実らせる一本の木を発見、その木を母樹として、交配を繰り返し、固定品種に育て上げ、高田梅と命名しました。その梅の実の皮がうすくて、果肉が多く種が小さいという特徴は、様々な梅加工品に可能性を見出されましたが、とりわけ梅干作りにおいて「最高品質の梅」と貞楠も自負しておりました。それから半世紀が過ぎた昭和25年、村内で百種以上ある梅の中から最も優れた品種を選ぶ調査研究がスタートしました。5年に及ぶ研究調査の結果、最優良品種に認定されたのが、貞楠の高田梅でした。現在は日本一の梅の産地として名高い南部梅林のほとんどは貞楠が開発した南高梅の樹で埋め尽くされております。そして、その梅で作られた梅干は「紀州の梅干」として、高級梅干の代名詞として普及するまでに至りました。当農園は貞楠が作り上げた南高梅、そして百余年の発祥農園として代々受け継がれる経験を元に丹精こめた梅干作りに励んでいます。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by gcpbk at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。