2014年07月31日

栃木県が誇る「とちぎ和牛」というブランドを使用したハンバーグです。とちぎ和牛ハンバーグ【母の日/父の日/お中元/ギフト/DLG】

栃木県が誇る「とちぎ和牛」というブランドを使用したハンバーグです。とちぎ和牛ハンバーグ【母の日/父の日/お中元/ギフト/DLG】栃木県が誇る「とちぎ和牛」というブランドを使用したハンバーグです。とちぎ和牛ハンバーグ【母の日/父の日/お中元/ギフト/DLG】

品 名:とちぎ和牛ハンバーグ数 量:1セット(2枚)内容量:160g×2枚賞味期限:冷凍にて165日保存方法:冷凍■商品説明栃木県が誇る「とちぎ和牛」というブランドを使用したハンバーグです。米沢牛や近江牛などにも引けをとらないその美味しさは、まさにお墨付き! そんな貴重なお肉を使用したハンバーグを是非ご賞味ください。とちぎ和牛をふんだんに使い、職人の手で一つ一つ丁寧に仕込みました。副原料も和牛の風味を生かすため、あえて黄金色に炒めたタマネギのみを使用。黒毛和牛肉が持つ風味を最大限に生かした本当に美味しいハンバーグです。栃木県が誇る「とちぎ和牛」というブランドを使用したハンバーグです。米沢牛や近江牛などにも引けをとらないその美味しさは、まさにお墨付き! そんな貴重なお肉を使用したハンバーグを是非ご賞味ください。とちぎ和牛をふんだんに使い、職人の手で一つ一つ丁寧に仕込みました。副原料も和牛の風味を生かすため、あえて黄金色に炒めたタマネギのみを使用。黒毛和牛肉が持つ風味を最大限に生かした本当に美味しいハンバーグです。 原料が今の私達に語りかけてくれること自分が美味しいと感じる食肉加工品とは、どのような食肉加工品なのか?商品を購入してくださるお客様、自分の家族、子供達、自分の周りで一緒に仕事をしてくれる人達、そしてその人達の家族….その人達が思わず笑顔になれる美味しい食肉加工品とはどのような食肉加工品なのか? その質問に対する答えはシンプルだった。市場から毎日仕入れる新鮮で品質の良い肉を使った食肉加工品の味だ。 しかし当時、自分が考えて作った食肉加工品は市場に受け入れられることはなかった。当時はまだ工場で大量生産された食肉加工品がほとんどだった。この食肉加工品が一般的であったため、大量生産された食肉加工品が、当時は本来の食肉加工品の味と考えられていたからだ。 また当時、食肉加工品に求められることは残念ながら「価格」がほとんどだった。 自分が美味しいと思える新鮮で品質の良い原料肉は海外から入ってくる冷凍輸入肉にくらべて高いものばかり。自分が使う原料肉は、妥協はしたくない。 自分が至った結論は利益を減らせばいいというものだった。今考えれば幼稚な考えであるが、いいものを作って、それを安く売るということしか自分にはできなかった。 しかしそれをすることで想像していたより多くのお客様からご縁をいただけた。この当時のお客様から自分はまじめに仕事をすることの大切さを学ばせていただいた。 こういうことを言うと、「多くの苦労をしたでしょう」と言っていただくことがある。 しかし、実際自分自身に問うてみると、苦労やしんどいと思ったことはない。あるのはお客様に喜ばれたいという気持ちと自分の仕事に対するやりがいだけだった。 生意気に聞こえるかもしれないが、自分にしかできないことをやっているという気持ちのほうが強かった。こうした気持ちをもって取り組む仕事に苦労やしんどさは感じるひまがないのではないだろうか? 今振り返って考えてみれば、当時の市場の声にあわせた食肉加工品を作っていれば、それはそれで商売になったと思う。また、そういう選択もできた。しかし、それでは食肉加工品の勉強はできなかっただろうし、今の自分に協力してくれる人達とのご縁もできなかっただろう。 原料の肉を前にしたとき、その肉の美味しさは、どの加工度合までいくべきなのか、また逆にここまでは火をすすめてはいけないということを、原料肉は今の自分に語りかけてきてくれる。 こうしたことは、自分の気持ちをごまかさず、自分に恥じないことをするという考えを貫き通したからだと思う。美味しい食肉加工品を作るということは、たくさんのことを積み重ねる必要がある。今までも、そしてこれからも。自分に妥協することなく、自分に恥じない姿勢をもって、自分が考える食肉加工品の味を作っていく。自分が仕事をするうえで、この考えをこれからも貫き通したい
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by gcpbk at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。